オンライン決済システムメンテナンスのお知らせ

LeJが利用しているオンライン決済システムが、下記時間帯にメンテナンスのためご利用頂けなくなります。

お客さまにはご不便をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


メンテナンス(サービス停止)予定期間
2014年9月28日(日) 8:00 〜 2014年9月28日(日)9:00
※サービス停止期間は、当日の状況により延長する可能性がございます。

iPhone6 plus

France2014July_4290

南の風10m湿度90%28℃。

温帯低気圧による蒸し暑さのなか、予約してからずっと待っていた iPhone6 plus を受け取りに出掛けました。機種変更の際のデータ移行は自分でしなければならないので、私の場合はMacにバックアップをしておきました。

乱視がひどい私は、コンタクトレンズ使用の夕方以降、スマートフォンのモニタではほとんど文字が読めない状態になります。それはモニタを近づけても遠くしても同じで、光のなかに文字が埋まってしまって本当に困っていました。制作用のめがねは、もちろん強力に乱視を矯正しています。

そこに発表されたのがこのスマートフォンで、迷わずすぐに予約申し込みをしていました。電話と言うにはやや大きいのですが(笑)、web上に商品を置いている私にとり、お客さまからはどのようにご覧頂いているのかを知っておくことは、とっても大切なことで、スマートフォンはLeJのパートナーでもあります。これで、私個人の命名による”iPhoneらくらくフォン仕様”を使えるようになりました。

それにしても、Appleの製品は美しい。パッケージからiPhone本体の継ぎ目のない滑らかな感触まで非の打ち所のない、素晴らしいデザインです。五感にプレゼンし続けるApple社製品に、心から感銘を受けます。

掃除のあとの雨

France2014July_4321

台風16号は温帯低気圧に変わり、関東にも雨を降らせています。

あの、暑かった夏が記憶から消えようとしています。お食事をご馳走になり、帰りに電車に乗っている人を見ていると、カーディガンやジャケット、シャツ一枚、ショールなどさまざまでした。関東ではとくに、急に秋めいた日が訪れたために、からだがびっくりした数日間がありました。

私が diary に書いて来た「掃除」は、ようやく一段落しました。案外力仕事もあって、まだ膝ががくがくしています(笑)。このマンションには長く住んでいますけれど、おそらくは、これほど大掛かりな整理をすることはもうあまりないのではと思います。ダイニングの椅子を出して来て上り、高い所に押し込んだままの引き出物の器や土鍋類も整理しました。タオルの雑巾は、数百回は洗って絞ったのではと思います。

掃除と言うのは、単にものをぽんぽんと捨てるのではなくて、一旦すべてを出して空にして、必要なものとそうではないものとを区別して、棚を取り外して洗剤を使って綺麗に拭き掃除をしてさらに水拭きと乾拭きをして、あらためて棚を元に戻すような作業でした。この数日間の好天と乾いた空気は、掃除には最高の環境でした。

ちょっと疲れが出て来たかなと思います(笑)きょうはよく休んで、明日からまた頑張ります。

写真は、ロワールで撮ったもの。

“Franca” sweet little yellow

France2014July_4158

Franca_1

Franca_2

ゆらゆらと、ロワールの野原に咲きながら揺れる、小さな黄色い花。

小さいけれど、しっかりとした印象を残す花でした。硬質的な輝きのシトリンを使って、少し大きめのブランデーシトリンからターコイズへ、けしパールやリバーストーンでやわらかさを足して。名前はFranca(フランカ)。

14Kゴールドフィルドのワイヤーで、長さ83cmの女性らしいやわらかなトーンのネックレスにしました。マンテルはヴェルメイユ。ブランデーシトリンは14mmほど。

ライトグレイやチャコールグレイ、インディゴブルー、ブラックによく合います。フェミニンなニットのワンピースにも。

近日中にアクセサリーページを作ります。どうぞご覧下さい。

Franca_6

ソースパン

France2014July_4232

昨日の続きで、模様替えの日。乾いた空気で風がそよそよと吹いて、気持ちの良い日でした。

今日はキッチン関係を中心に整理。子供たちが幼い頃にはケーキもたくさん焼きましたけれど、いつの間にか家で家族が食事をする日も少なくなり、ライフスタイルそのものが変わりました。

迷った末に処分したもののなかに、ラッキーウッドという国内の老舗のケトルがありました。昔はよく麦茶を湧かしていました。ミルクパンもあって、持ち手の木材をガス台で焦がした時に保証書を添えて送ると、本体はぴかぴかに磨かれ柄の部分はすっかり取り替えられて、新品のような状態で帰って来てとても感動しました。以来、そのミルクパンは大切にしています。もう、30年以上にはなるでしょうか。

この、デフレの時代になって、安価イコール良い、というフレーズが標準になりました。でも、作り手の末席からもの作りを見ていると、すべてのものにはそれなりの訳があって、良いものはある程度の価格になると、私は思っています。いつか、パリの専門店で、シェフが使うプロ仕様のソースパンを買うのが夢です。

ずいぶんものを処分しているのは、スペースを作りたいからです。作ったスペースを何に使うのかと言うと「気持ちの良い空間」にします。

自分の周りに心地良い空間を作る。贅沢で素敵なことです。今日の花もロワールで撮ったもの。

模様替え

France2014July_4205

一年でももっとも気持ち良い気候の頃。Facebookでは、あちこちにお出掛けしている方の投稿が楽しそうでした。

私は何をしていたのかと言うと、模様替えです。家族の転勤を前に、家のなかをあちこち整理するついでに、思い切って引き出しのたくさん付いた家具を処分しました。中にはぎっしりものが入っていたので、整理しながら移動したりする間に、玉突きをするように一日掛けて家中の片付けになりました。この際、好みが変わった器や小物もあっさりと手放しました。リトグラフの場所も変えたりアンティークの鏡を部屋のメインにしたり、ずいぶん感じが変わりました。自分のアクセサリーもアンティークのトルソーに着けて、ディスプレイの一部にします。キャンドルスタンドはシンメトリーにして、そろそろクリスマスのシックな飾り付けの準備。

若い頃からインテリアが好きですが、どちらかと言うと、模様や柄が散らばっていないのが好みです。同じ高さとトーンで揃えて部屋を広く見せて、好みの雰囲気の部屋で制作出来るようになったのは、とっても嬉しいことです。

また、最近はインテリアに加えて、料理にもあらためて興味津々になっています。二つの共通項は、”フランス”。フランスの友人の時間の過ごし方や見せてくれるインテリア、パーティの開き方や料理の素材や調理法など、自然に、見ながらずいぶん学びました。でも、たくさんのお客さまを迎えるためではなく、家族と私が日々を心地良く過ごせるためのものです。そのために、器は白を基本に手触りの良いものに移行しようとしています。

これからまた50年間も生きるわけではないでしょうから(笑)、少しずつ、大切に選んだものに囲まれて暮らせたら、それは幸せなことだと思います。

今日、ApplejamのFacebookページに「いいね!」をして下さっていた方に、LeJのFacebookへの「いいね!」をお願いするご連絡をさせて頂きました。ApplejamのFacebookページは完全にクローズになりましたから、ぜひ、これからは LeJ のFacebookページをご覧になってください(!) diary の記事がそのままフィードに流れます。みなさまの「いいね!」を心からお待ちしています。

LeJのFacebookページは こちら です。

花の写真は、ロワールでのもの。

緑の木の実

France2014July_4302

Ursule_1

Ursule_4

Exif_JPEG_PICTURE

紅葉がはじまる前の、森のなかにそっと息づいているような、緑色の木の実。植物の写真は、ロワールでのもの。

ころころした、マーブル模様のようなマチエールを持つバリサイトとファセッテドラウンデルカットのムーンストーンをセンターにして、ティアドロップカットのルチルクオーツをネックラインに。14Kゴールドフィルドリングとワイヤー、アーティスティックワイヤーで全体をトーンコントロールしながら、84cmのネックレスにしました。バリサイトは12mm×10mm×8mmほど。

名前はUrsule(ユルシュル)。グレイやベージュ、黒などのシンプルなセーターに合わせてどうぞ。

近日中にアクセサリーページを作ります。どうぞご覧下さい。

どうぞ良い週末を

France2014July_4182

一気に秋が深まり、気温がぐっと下がって日暮れも早くなりました。

今週は、公私ともによく動いて過ごしました。この週末はゆっくりして、出来ればアクセサリーの撮影方法も考えたいと思っています。この夏が極端な日照不足だったこともありますけれど、レッスンの時に、天然石を明るいところで広げてみると、いかに画像でそれを表現出来ていないかを痛感します。

というわけで、ちょっと一段落です。

みなさまには、一週間お疲れさまでした。よい週末をお過ごし下さい。

France2014July_4139

秋に素敵な動画

Paris by Chanel – Inside CHANEL(via YouTube)

今日は公私ともに、とてもメールが多い日でした。

なかに、こんな動画を含んだシャネルからのものがありました。YouTubeでも公開されているものなので、 diary に置いておきたいと思います。

いろいろなものが散りばめられたLeJの diary は、作り手である私が見た「素敵」を、そのままお客さまにダイレクトにお伝えしています。

季節の変わり目。体調に気をつけて、明日もがんばりましょう。

二回目のイヴ・サンローラン

saintlaurant

小さな用事が溜まり始めたこともあって、今日は映画『イヴ・サンローラン』をもう一度観て来ました。

すべてが大手の映画館での上映ではなく、チケットをオンライン決済出来ないところもあり、サービスデーでもあったので、昨夜のうちに急いでチケットを買っておきました。予想した通りに午後からの上映には長蛇の列、映画を見終わってロビーに出ると人が溢れているのでした。

サンローランの服に愛情を持つ世代は、丁度私くらい。と言うことは、オンラインで決済という方法でチケットを買うひとと直接劇場に出掛ける人とが分かれる世代です。実際に学校を卒業した時期に、OA導入化と呼ばれたように、PCを職場で使っていたかどうかが今もITに着いて行けるかのひとつの基準になっています。50才代以降の方で私の diary をご覧下さっている方のなかには、そのような方が多いのではないでしょうか。

この作品は、サンローランのことを描いた内容以上に、私にとっては「もう一度劇場で観ておかなければ」と思うものでした。なにごとも、そのうちにと思っていると、忙しい幸運の神さまはいつまでも待っていて下さらないのです。

写真は、ロビーに貼ってあったものを、iPhoneで撮りました。こんなさりげない一枚も、残しておくとなんだか素敵だと思います。

丘の記憶

France2014July_4174

今、いろいろなことを同時進行していて、いつも手と頭を動かしています。

それは誰でも同じことで、みながそれぞれにがんばっているのですけれども、私には時々その動きを緩めたり止めたりする時間が必要になることがあります。そんな時に思い出すのは、7月に行ったロワールの森のことです。

北海道に、美瑛(びえい)と言うところがあります。広い丘で、空が180度広がるようなところで、観光地のひとつにもなっています。私が滞在したロワールの家は、まさにそんなところにありました。つまり、美瑛の丘のてっぺんのような所に借りた家に一週間いたようなものでした。

写真を撮った日、カメラを持って夕方の散歩に出ました。ちょっと雲行きが怪しいねと話していましたが、1時間近く歩いたところで雨になりました。家はまっすぐ野原の先に見えているのですが、雨宿りの場所もなく、かなりの距離。結局はブルゾンのフードをかぶってカメラを雨から守り、走るのも諦めて、雨の中を歩きました。日本でこんな風に濡れていたらかなり目立つことでしょうけれど、フランスでは、よほどの強さでなければ傘もさしません。

家が近づいた頃に雨が止んで、雲の間から陽射しが見えました。180度に広がった地平線にはところどころにその光が差していて、しばらくの間、見とれたのでした。家に着くと、羊の群れが掛けよって来て「おかえり!」と迎えてくれました。

今日は、ロワールでのことをちょっと書いてみました。

France2014July_4177

秋が来ました

暑かった夏を忘れそうなくらいに、関東地方はすっきりとした晴れの連休最終日でした。

16日までの予報は良いのですが、そのあとは25℃を下回る、秋が深まる気候に向かいそうです。この連休の三日間はいろいろなことが捗って、LeJのこともプライベートなことも、なんだかとても良いことがありそうな気配です。いつも慎重ですけれど、本来は楽天家で楽しいことを見つけるのも得意、また、さささやかながらもやって来たことが実を結ぶような気もしています。

9月も後半へ。秋が来ました。