200

France2014July_3847

テレビがつまらないように思えて見なくなっていたのに、ニュースを見るようになりました。

国内外、いのちが掛かったニュースや目を覆いたくなる出来事は毎日溢れているのですけれども、今日は、全米オープンテニスでベスト4に進んだ錦織選手の健闘を讃えて、二日おいた今後の試合を見守りたいなと思います。

関東では曇り空の秋の虫が鳴く日々でも、西日本では大荒れの天気が続いています。この週末にも局地的な大雨が続くとの予報です。どうか、お気をつけてお過ごし下さい。これ以上、被害が大きくならないことを願っています。

花はジヴェルニーで撮ったもの。今日の diary は、LeJ diary になってから200回目になりました。

秋めく頃

France2014July_3880

関東地方の気温は、予報では向こう一週間で30℃を上回る日が見当たらなくなりました。

窓の外からは、コオロギの虫の音が聞こえています。あの、とんでもなく暑かった夏はどこに行ってしまったのかと思うと、そういえば、今日は襟のないシャツでは肌寒くて、ショールを羽織って帰りました。

そろそろ秋支度。

写真は、アンボワーズ城で撮ったもの。

久しぶりに熱い日

France2014July_4052

11日ぶりと、久しぶりに晴れた関東地方。気温は29℃で陽射しが強い日でした。

生徒さんとの打ち合わせで、レッスンについて細かなお話もしました。開講してから二年が経ち、自分なりに講師としてのペースは作れるようになったかと感じながら、これからは生徒さんと一緒にペースを作ってゆく時期に来たのかなと感じています。今回は募集のお知らせがぎりぎりだったので、大慌ての打ち合わせです。

生徒さんとの会話を、とても大切にしています。なにげなく送って下さるメールも、それがコミュニケーションの積み重ねになるように心掛けたいと思います。結果として、アクセサリーが素敵な仕上がりになることを経験して来たからです。

さらに、今日はロングネックレスのお話もしました。60cmか、80cmまたは90cmかと言う内容でしたが、日本人の「60cmの呪縛」と私が勝手に呼んでいる決まり事のようなものを、そのかたに似合うものへ、自由なものへと変えてゆきたいと思っています。色も長さも、誰かに言われたからそれを守るというよりも、やっぱりそれが好きであることが一番なのではと思います。

ニュースを見ていたら、全米オープンテニスで錦織選手がベスト8に入ったことを話していました。インタビューでの「keep fighting」(闘い続ける)と言う彼の言葉が耳に残っていて、いつまでも夏の暑さにだれていないよう、私も気持ちを切り替えてゆこうと思ったのでした。意外に単純です(笑)

今日は、ちょっと熱い日でした。

今日から9月

France2014July_3854

関東では一週間ちかく涼しい日が続いていて、予報によると、これは10月初旬の気温なのだそうです。

32℃くらいの頃からいきなり10℃分ほども下がったので、朝方には肌寒いくらいでした。そして、今日はしとしとと9月の雨。この雨も明日のお昼頃までには止んで晴れて来るようで、ほっとします。

雨の日には、粛々と制作や事務作業をして机に向かっています。今日アクセサリーページを作った Monique は、今まであまり使って来なかったティアドロップシェイプのホワイトオニキスが主役。ティアドロップは、涙のしずくと言う意味です。どこか流れるようなラインになり、ホワイトオニキスの、メレンゲのような白のやわらかさがよく出ました。表面にも丁寧なカットがほどこされています。

淡々と制作を続けて来ましたけれど、今週は外に出る日が多くなりそうです。少し、秋の色を見て来ます。画像の花は、ジヴェルニーで撮ったもの。

Monique アクセサリーページ

Monique_1

メレンゲのふわふわしたお菓子のようなホワイトオニキスが主役のネックレス Monique(モニク)のアクセサリーページを作りました。

どうぞご覧下さい。

8月も今日で終わり

France2014July_3800

長い夏とともに、今日で8月も終わり。

9月になると、また少し30℃を超える日があるとの予報ながら、季節がぐっと進みそうです。さて何を着て出掛けるかと悩む季節でもありますけれど、服もボーダーレスになったのかなと感じます。

一ヶ月お疲れさまでした。素敵な秋がやって来ますように。

+

秋の支度

France2014July_3998

昨夜からの雨は、夕方近くに上がり、今は秋の虫の音が聞こえています。

このところ、数名の新しい生徒さんとのお打ち合わせがあって、レッスンを始める準備をしています。個人レッスンですから、まずはLeJの制作を好きでいて下さること、同じように、講師との相性も大切だと思います。私側の責任は、もちろんのことです。工具は、ご相談があれば、私自身が10年間近く変わらず使い続けているビーズバランスさまのツールを揃えて頂いています。

長い間には、ビーズアクセサリー制作の世界にもいろいろな変化がありましたけれど、大切なことは何も変わらないと、私は思っています。変わらないことは尊いことでもあり、変化を知った上で自身で守るものを選択し、さらに続けてゆくことを忘れないようにしたいと思います。

生徒さんとのご縁はとても不思議なもので、思いも掛けない出会いを頂いて通って下さる方、ずっとずっと以前からのお付き合いのお客さまのご参加もあり、あらためていま思うのは「あぁ、日々を大切に丁寧にすごさなければ」ということです。私からはモニタの向こうが見えないのですけれども、 diary に書いていることを読んで下さり伝えたいと思うことを感じ取って下さっていることも、実際の手応えとして頂きます。ありがたいことです。

今後の生徒さんの募集については、 diary 上部の「メニュー」からも、また、 LeJ ホームページ HOME にも随時記載致しますが、10月から開始の土曜日または日曜日のクラスにお一人(またはお友達とのお二人)でのご参加を募集しています。

今日は、フランスの写真の整理も少し進めました。たまにはお城の写真も良いかと思って載せます(笑)。ロワール地方にある、シュノンソー城の中で撮りました。

ivoire 再制作とパーツ変更のお知らせ

ecp2_1-1

ecp2_2-1

ecp2_3

定番として制作しているボーン素材のピアス、 ivoire。現在、一点の完成品のストックがあります。 ivoire のアクセサリーページ からご注文を承ります。

また、次回制作分より、廃番または長期の欠品予定のため、ピアスパーツが変更になります。現在の丸みをおびたものから、ややシャープなラインのものに変わります。このパーツは以前の制作 ecp で使用していたものです。

ivoire2_1

ivoire2_2

Exif_JPEG_PICTURE

ボーン素材はとても軽く、穏やかなクリーミーホワイトはLeJの定番色とも言えます。どうぞご覧下さい。

Monique

Monique_1

Monique_4

静かに季節が移ろう時に、夏の名残のホワイトと秋の気配のパール、アンティークな空気感を作るシルバー925のパーツを添えて。名前はMonique(モニク)。

丁寧で滑らかなカットが施されたドロップシェイプのホワイトオニキス、シルバー925のキューブパーツとを繫ぐ小さなパールのネックレスは、長さ84cm。ホワイトオニキスは12mm。縄状のブライトシルバーのリングや明るい調色のアーティスティックワイヤーで、バランスよく作りました。LeJがいつも大切にしている、クラシカルなテイストのアクセサリーです。

近日中にアクセサリーページを作ります。どうぞご覧下さい。

白い服で集まって

Le Dîner en Blanc de PARIS 2014, Vidéo Officielle(via YouTube)

Facebookで見つけた動画です。

フランスは、自分たちで共和制を勝ち取った国。だからこそ、人生は愉しむためのものだと、心から思っているようです。夏を心待ちにしている彼らにとって、陽射しをからだいっぱいに浴びるカフェのテラスは人生の歓びのようなもの。

そんな夏も、そろそろ終わりが近づいているようです。今日の関東は昨日と同じで22℃くらい、長袖を着たい気候でした。想い出せば、7月のフランスでの夏は、毎日こんな肌寒さでした。少し懐かしい、羽毛布団のやわらかさが愛しくなる日でした。

寒さに目覚めた朝

France2014July_3909

今日の関東地方はぐっと気温が下がって、ようやく20℃を超えたくらいでした。

早朝に寒さで目が覚めて、羽毛布団を出して来てそのまま眠りました。起き出してから布団カバーを掛けて、すっかり秋の支度の気分になりました。しばらくの間は、両方の布団をベッドの脇に置きます。

出掛けるには長袖のシャツ一枚ではちょっと心細く、バッグに薄手の上着を入れて。西日本ではまだまだ暑い日だったようで、九州とは10℃くらいの差があったようです。

写真は、ロワール地方に移って、部屋から見えたアンボワーズ城。お城を見たあと戻って来たら、大雨になったのでした。

Nadège アクセサリーページ

Nadège_1-1

Nadège_6

パリのクローゼットの引き出しから出て来たような、ルチルクオーツとガーネットのネックレス Nadège (ナデージュ)のアクセサリーページを作りました。

どうぞご覧ください。