「LeJ – deux」(ルジィ ドゥ ) ページのお知らせ

Applejamのサイトで制作・再制作したもので、今後は LeJ(ルジィ)で継続して掲載するアクセサリーを「LeJ – deux」(ルジィ ドゥ )というページで、セカンドラインとして掲載しました。

二枚の画像をクリックして頂くと、一枚目では、ホームページ トップ にリンクします。二枚目では、「LeJ – deux」(ルジィ ドゥ )ページにリンクします。

しばらくは、お知らせがたくさんになりますが、あたらしいLeJ(ルジィ)のサイトをあちこちお散歩するようにご覧頂ければと願っています。

どうぞよろしくお願い致します。

(二枚の画像をクリックすると、リンクします)

lej-deux1

ApplejamとLeJ(ルジィ)、統合のお知らせ

きょうは、お客さまに大切なお知らせです。

ApplejamホームページLeJ(ルジィ)ホームページ 各々トップページにも記載しましたが、6月16日に、二つのサイトはLeJ(ルジィ)に統合いたします。

LeJ(ルジィ)の設立から少しずつお知らせをして、すでに統合したページもあり、Applejamのオンライン決済サイトも整理しました。Applejamのホームページは、6月15日をもって終了いたします。あたらしいアクセサリーは、数点をApplejamに公開する準備をしていますが、今回が最後の公開になるかと思います。

また、6月には渡仏のため、下旬より三週間ほど早めの夏休みを頂戴する予定です。これから、いろいろな動きがありますが、なるべく混乱のないよう努めます。

なお、モバイルからも読んで頂きやすいよう、 journal の設定を変えてみましたのでお試し下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

Fravie(フラヴィ)

turquoisebracelet-900-2058_2

turquoisebracelet_2-2012_2

エメラルドグリーンとオーシャンブルーとを往き来する、パイライトを内に秘めたターコイズをドレスアップ。

ラフカットのムーンストーンやホワイトコーラル、クリーミーホワイトのパールを散りばめて、14Kゴールドフィルドとシルバー925のワイヤーやチェーンでコントロール。ハンマー加工のエンドバーとエンボス加工のマンテルも、大人の女性のアクセサリーのための大切なパーツ。

夏のリゾートで、セーターの季節にはレザーに合わせて、いつもそばに置きたくなるブレスレットです。長さ19cm。リスト周り16cm〜18cmの方に。

LeJ(ルジィ)では、ブレスレットをゆったりお着けになりたい方からのサイズ調整を承ります。デザインによって、天然石を加えたりチェーンを加えたりしますが、銀行振込決済をお選び頂くと、ご返信メールでの調整のご相談がスムーズです。クレジットカード決済で、加工料を別途お振込頂いても結構です。どうぞお気軽にお申し付けください。

シニョン

シニョンに憧れて、髪を伸ばして来ました。

パリで女性を観て、フランス女性の顔の小さいことや、扱い易そうな髪質や軽さを感じさせる髪の色には本当に憧れて、目が釘付けになることはしょっちゅう。

デコルテをどれだけ開けようと、革ジャンを着ようとキャミソールドレスで歩こうとも誰も気にしない自由な国民性も羨ましくて、一方で、きちんとジャケットやドレスを着てアクセサリーを着けた時の自分への扱いががらっと変わる保守的な面も大好き。だから、どんな場面にも対応出来るほうが良いなと気づきました。

ほんの10年くらい前まで耳のすぐ下までのショートカットだったのを大切に伸ばして、ようやくシニョンが出来る長さに。YouTubeを見て練習して、ここ数日で、鏡なしでも結えるようになりました。

きょうは、ちょっと嬉しい、その記念日です。

初夏の香り

初夏の香り、関東は夏日になって一気に大型連休後半へと向かいました。

ApplejamとLeJ(ルジィ)は、ものすごいスピードで日々サイトを更新しています。帰省やご旅行先でdiaryや journal をご覧くださっている方もいらっしゃるかと思います。おそらくは、二つのサイトを往き来するページや統合するページ、削除したページなどが沢山あって、携帯やスマートフォンではなかなか理解して頂きにくいかと思います。

Applejamを立ち上げて以来の7年間、いつもサイト全体を見直して来た積もりでしたが、あらためて観てみると、分かりづらい表現や不要なページがたくさん見つかりました。それらを整理し直して、LeJ(ルジィ)を作っています。

私がこの年齢になってあらためて思うのは、ものごとは、ある程度は自分次第だと言うことです。どうにもならないことはたくさんありますけれども、そこで諦めてしまったら完全停止になってしまうわけで、「いまは時間が掛かっても、出来ることはしよう」と思います。

journal も、書きながら、これは携帯電話で読めるのだろうかと考えます。スマートフォンでさえも縦長の表示になるくらいなので、所謂ガラパゴスケータイでは重いのかなと気になっています。けれども、システムや互換性や容量のことを考えると、まずはサイトを守って先々のことを考えようとしています。

大型連休、私はこの作業を続けていて、なんとかお客さまが連休からお戻りになる頃には整えたいと考えています。そのために、サイトのページの内容を一行空けたり詰めたり(笑)、誤字脱字誤変換がないかどうかを、目を皿のようにして点検しては更新する繰り返しです。一度作ったページをあらためて読み直す機会はあまりなくなるので、自分が気がつかなければ、ずっとそのまま。これは恥ずかしいので困ります(笑)

最近は、ニュースのサイトでさえもそのようなことがあって、すらすら読んでいるときに「がくっ」となることがあります。そんなとき、記者の方は、打った内容を読み返す時間もないくらいに忙しいのだろうなと思います。それを思えば、私には時間がたっぷりあります。これはなんとかするしかありませんから、頑張ります。

と、脈絡のないことを書き始めているのは、やや疲れて来ている証拠。今いちばんしたいことは、競泳用のプールに行って、延々とクロールを泳ぎ続けることです。あぁ、背泳ぎでも良いです(!)

みなさまには、素敵なすてきな大型連休でありますように。私は、来月末の渡仏を楽しみに、いまは全力でサイト作りを続けます。

さて、きょうは同じ内容を journal にも書いておきます。おやすみなさい。

ルージュ・サン Rouge Sang

garnet-825-2419

2499-4

2425-3

今日から風薫る5月。

最初にjournalに載せるのは、ガーネットとクロスのネックレス。この紅は、ルージュ・サン Rouge Sangという色です。ヨーロッパでは昔、「ヴィーナスの血のように美しい」と表現された深紅。ブラッディ・レッドのガーネットとブライトシルバーのクロスをセンターに付けたネックレスです。

ガーネットは私の好きな天然石のひとつ。女性らしいようなコケティッシュなような、深い紅が肌に映えるような気がします。とくに、透明感があるものよりも、こくのあるガーネットのほうが好きです。Applejamでも作って来たショートネックレスは、一点で着けてももちろん素敵なのですけれど、たとえば普段はとてもオフィシャルな感じがするパールのネックレスと合わせてカジュアルっぽくしてみたり、シルバーのネックレスを幾重にもレイヤードしたり、いろいろ楽しめそうです。

クロスのモチーフ

Mule_1

Mule_2

私自身がクリスチャンということもあって、クロスのモチーフはとても好きです。

なかでも、シルバー925素材で丁寧に造られたものが目に留まると、買っておきます。シルバー925パーツも価格が変わって使うことにもちょっとした思いきりが要るようになりましたけれど、「ここにはこのパーツでなくては」という時があります。

このネックレスは、チェーンにパールとミュール、そしてクロスを付けたもの。素材はすべてシルバー925です。長さは43cmくらいで、オフィスでも着けて頂きやすいでしょう。パールのネックレスとレイヤードにすると、ラグジュアリーにカジュアルダウン出来そうです。初夏のコーデに。

なんとも言えない、穏やかな空気感を纏ったネックレスになりました。

髪のこと

カトリーヌ・ドヌーヴの動画を見つけました。

彼女を見ていると、いかにフランス女性が美しく年を重ねているのかを実感します。もちろんすべての女性がとは大げさかも知れませんけれど、総じてフランス女性の美意識が高いことは間違いないでしょう。

私は、髪をとても大切に思っています。数年前の夏にフランスを10日間ほど歩き、髪と瞳を日焼けしてたいへんな思いをして以来のことです。瞳は日焼けで充血して腫れ、髪は石灰を多く含んだ硬水で傷んで手櫛さえも通らなくなり、ばっさり切ることになる寸前でした。以来、肌と髪は、瞳のちからと並んで、年を重ねるなかでの美しさのキーワードなのだと気づきました。15年以上も同じ美容室に通っているのは、信頼し切っているからです(笑)

彼女の髪をずっとケアしている、クリストフ・ロバンのヘアケアプロダクツの動画ですけれど、やっぱり見とれるカトリーヌ。美しいフランス語と一緒に、ご覧ください。

Catherine Deneuve’s exclusive interview & tips to preserve her legendary blonde(via YouTube)

ATELIER LESSON アトリエレッスン

atelierlesson

今日は、レッスンのページを作りました。 LeJ(ルジィ)HPのHOME の左サイドバーにリンクを置いています。

2012年10月から始めたレッスンも、数名の生徒さんが修了されましたが、以降もアクセサリーをご購入頂くことが多くなっているのはとても嬉しいことです。レッスンで、制作スキルとともに、私の制作への考え方やいろいろなことをお伝え出来ているような感触を持っています。

これからのホームページは、いろいろなシステム上の都合や私のビジョン(計画のようなもの)もあり、LeJ(ルジィ)が中心になってゆきます。そのため、Applejamのホームページでも、LeJ と共通のページが多くなりました。デザインに加えて機能性もぐんと良くなったLeJ のホームページは、出来る限りシンプルに、そして美しいものに出来たらと思っています。

この6月にも、二名の生徒さんが終了されるご予定です。夏には長めの夏休みを頂戴する予定で、秋からまた「アトリエレッスン」として、あたらしい生徒さんもお迎え出来ればと思っています。

大人のレッド

lille_2

lille-banner825

レッドアゲートで、ブレスレットを作りました。今回は、1月にdiaryで触れていたこともあり、Applejamへの掲載になります。

2mmのアゲートを、淡々とシルク糸で紡いでゆきます。糸を使った制作は途中でやり直しが出来ないので、落ち着いて制作が出来るときだけする作業ですけれど、なんとも愛らしい感触が手に残る愛おしい作業です。

素材を見ていると、こんなに小さなアゲートに美しいカットが施されているのだと、ほんとうに感動します。愛らしい素材を大人の女性に似合うアクセサリーに仕立てるひとときは、この仕事をしていて良かったと心から思える時間です。

先ほどFacebookに記事を載せたところ、すぐにご注文を頂戴しました。

楽しいことを作る

毎日ホームページを作り続けているのですけれども、どうしたら見やすいだろうかとか、ここは一行空けるかどうかとか、ほとんどは感覚的な判断で進めます。でも、やっぱり頭はフル回転しています。

そろそろ一段落して来たところで、今朝早くにFacebookでこの動画を見ました。

メイキングビデオは大好きですけれど、なにより感動したのは「楽しいことはよいことだ」と言うことと「仕事が好きでいられる幸せ」です。いつも行っているデパートの、あのスペースでこんなことをとか、絶対に伊勢丹にしか出来ないことだと感じたり、思いはいろいろで、胸が熱くなりました。

人を楽しませることは、自身にとっても、とーっても楽しくて幸せなことです。

【公式】ISETAN-TAN-TAN PV(via YouTube)

ショップカード

card

ribbon-lej

商品をお届けする時に、アクセサリーの箱にショップカードをお入れしています。

デザインは私自身で。グラフィックデザイナーさんにお願いすることはしませんでした。その予算があれば良い素材を買いたいですし(笑)、サイトのすべてを自分で創り上げるのが大好きです。

ショップカードは、フォントなどの微調整の度に何度か印刷のプロの方にチェックをして頂いてから印刷しましたが、その前には独自のドメインが決まっていなくてはいけないので、遡れば、半年の準備期間がありました。そうして、サイトの誕生日は、姉妹ブランドであるApplejamの誕生日の4月15日あたりにしようと決め、その前日の大安にしたのでした(笑)暦は、とても大切なもの。のちの「ラッキー」があったとき、神さまと暦に感謝するのです。そんな流れがあって、LeJ(ルジィ)は4月14日の大安の日に生まれました。

その少し前の2月に、パリに行きました。一週間だけの滞在で、サンジェルマン・デ・プレ界隈を友人と歩き回って、あらためてパリを教えてもらった時にリボンを買いました。私のテーマカラーであるエクリュで、スパンコールを縫い付けた、手の込んだものでした。スタッフのかたに聞くと、これでもう生産終了で入荷もないとのことで、すべて買って帰りました。LeJ(ルジィ)の誕生からしばらくの間、Applejamの商品とともに、一緒にお客さまにお届けします。幅5cmくらいの小さなものですけれど、どこかパリの香りがします。栞にしたり、小さなフレームに入れたりなどいかがでしょうか。

ホームページ作成がほぼ仕上がりに近づき、だんだんほっとして来ました。Applejamから自立出来る日を目指して、お客さまに愛されるよう、心をこめて育ててゆきます。どうぞよろしくお願いいたします。