5月の終わりに

20140524-2956

今日で5月も終わり。

慌ただしかったような、黙々と制作や作業をしていたような、不思議な月でした。 LeJ のホームページや diary はほとんどが手作りなので、それを理論立ててお客さまに分かって頂きやすくするために、頭をいっぱい使いました(笑)

結局は、今日辺りになってようやく全体像が見えて来たような気がします。でも、Applejamの頃とは、実はほとんど変わったことはなくて、大きな画像が別の場所に移っただけの違いです。アクセサリーページには、左サイドバーから簡単にアイコンをご覧頂けるようにしました。

来月6月は少しゆっくりして、20日からはお休みを頂戴します。月末近くにフランスに発ち、来月7月の半ばに帰って来ます。私にとっては、いろいろなことを解放したり吸収したりの大切なお休みです。フランス滞在に向けての気持ちが大きなエネルギーになって、つぎつぎに LeJ のアクセサリーを作るというかたちになりました。

今月も、 diary を変わらず読んで下さり有難うございました。急に暑くなりましたから、しっかり体調管理をして梅雨に備えて頂ければと思います。

写真は、ル・ベスベのオーナー、高橋さんがお花をラッピングして下さった時に、了解を頂いて撮りました。たくさんの写真があって、まるで連写したかのようです(笑)もの作りをする人がお客さまに贈る気持ちのようなものがライヴで伝わって来て、感動したのでした。

Catarina 掲載しました

Catarina_1

Catarina(カタリーナ)ネックレスのアクセサリーページを作って iichi にも掲載しました。

Catarina アクセサリーページ へ。(別ウインドウが開きます)

Catarina(カタリーナ)

Catarina_1

Catarina_2

Catarina_3

しっとりしたスネークチェーンにシンプルなモチーフを着けたシリーズも、このCatarina(カタリーナ)で終了です。そして、現時点での制作も、このネックレスですべて diary に掲載したことになります。

適度な重さできれいなラインを描くチェーン、やわらかで静かな空気感を持つクロスのモチーフとクリーミーホワイトの淡水パールを通して、シンプルなネックレスにしました。長さは82cm。パールのネックレスやシルバーのネックレスとの重ねづけをしてみたり、1点でオフの時間のお散歩に着けて、お出掛け下さい。

暑い時期になると、ボリュームのあるネックレスが苦手になるかたもいらっしゃるかも知れません。もしも汚れてしまったら、キッチン用の洗剤を手のひらで泡立ててから、ネックレスを包むようにして優しく扱って、私はいつも洗っています。その時には、出来ればパールは濡らさないであげて下さい。時間の流れとともにシルバー925は落ち着いた色になって、「いつも一緒」の存在になれることでしょう。

LeJ では、天然石をふんだんに使ったアクセサリーもたくさん作りますけれど、お手持ちのアクセサリーと仲良くなれるアクセサリーも作ってゆきたいと思っています。 LeJ のもの同士、お手持ちのアクセサリーとのレイヤードの楽しみを。

優しい気持ちでいられるアクセサリー、ちょっと疲れたときに、ふと手に取りたくなるアクセサリーです。

ATELIER LESSON 〜 アトリエレッスン

ATELIER LESSON_page

Applejamで開講して来たアクセサリー制作のレッスンは、秋にまる二年を迎えます。

その間には、Applejamのアクセサリーを本当に愛して下さるお客さまがたが、生徒さんとしていらして下さいました。レッスンの詳細を記したページが LeJ ホームページ内の “ATELIER LESSON” です。

今日は、久しぶりに生徒さんの作品を2点、アルバムに記載させて頂きました。画像の下側にある、カーネリアンを使ったネックレスです。また、作品も、ATELIER LESSONページ下方からリンクしている、作品ページに掲載しています。

開講当初はグループで始めようと考えたところ、個人レッスンでじっくり制作するひとときを希望される生徒さんが増えて、現在では個人レッスンが中心になりました。そして、お客さまとお友達の、お二人でのクラスを作ったところ、仲良しさんお二人で通って下さっています。お二人はもとクラスメイトとあって、制作スキルはしっかりしたものをお持ちです。

レッスンでお渡しする素材は、ある程度の「使いたい天然石」とか「白いショートネックレス」など、大まかな生徒さんのご希望のポイントを伺って、私がご予算内で素材を揃えてお渡しするという方法です。今回のテーマは、「カーネリアンを使った80cmくらいのネックレスを作りたい」でした。レッスン中には、デザインの起こし方やワイヤーやパーツの選び方、全体のバランスやニュアンスの出し方などをお話します。

一般的に、よく誤解されているかなと思うのが、アーティスティックワイヤーは安価だから使うものだとか、ワイヤーの太さは天然石のビーズホールに合わせるというもののようです。私の制作の場合は、そうではなくて、どのくらいゴールド色を強く出したいかとか、彩度の調整やボリュームの出し方や抑え方が選ぶ基準になります。

あるとき、今まで何となく似た作品を作っていらっしゃったお二人が、「どきっ」とするほどの素晴らしい作品を作られました。レッスン中に拝見して、私は、思わず頬が紅潮してしまって「素晴らしいですね!」と言いました。生徒さんがたも、ご自身でそれぞれ「一皮むけた」と感じられたようです。こんな瞬間が欲しくてレッスンを開講しているのだと、しみじみ思いました。

受講のお問い合わせは、リンクしているATELIER LESSONのページのフォーマットから、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

制作は、ときに楽しく、ときに悩ましいもののようです。でも、遙か古の時代から、人は天然石や自然の素材で身を飾って来ました。そのDNAのようなものは洗練を繰り返し、また時代を往き来しながらずっと続いてゆくのだと思います。

Iris(イリス)掲載しました

Iris_1

Iris_2

Iris_3

ちょっとレアで、素敵なステキな天然石ひとつぶシリーズのブレスレット。名前は、Iris(イリス)。

二枚目の画像右上から、ボーンビーズ、淡水パール・グリーンカイヤナイト・サファイア・グリーンアメジスト・オパール・イエローカルセドニー・ホワイトオニキス・モスアメジスト・スピネル。シニカルでスイートでソフィスティケイティッド、そんなことばが似合うブレスレットになりました。

リスト周り16cmの方にほどよくフィットします。天然石との彩度を合わせるために選んだ14Kゴールドフィルドワイヤー、マンテルにはヴェルメイユ。サイズ調整もお気軽にご相談下さい。

Iris(イリス)アクセサリーページ へ。(別ウインドウが開きます)

happinessの種

gerbera_1

昨日はあちこちに出掛けて、たくさんの人に会いました。まとめての用事と言う訳ではなかったのですけれど、普段が極端なマイペースの私にとっては、目まぐるしい一日でした(笑)

帰宅してから「きわめて強い」紫外線(Yahoo!天気予報による)で目を傷めたこともあってモニタを見ていられず、すべてのご連絡事項を翌日回しにしたままベッドで休んでいるうち眠ってしまいました。読みたい本や目を通したいカタログ類が、そのままベッドサイドにありました。なんとか書きかけて止まってしまった diary は、自動下書き保存で残っていました。

今日は制作を止めて、うとうととベッドで休みながら、休養の日にしました。制作には丸一日何も食べなくても生きていられますけれど、システムについては「ああでもない、いやこのほうがよい」の繰り返しで、ずっと過ごして来ました。あとは、お客さまをびっくりさせない程度のささやかなアレンジが生じる程度かと思います。そうそう、この diary の設定をモバイル対応から解除しました。申し訳ないのですが、ご興味がある記事がありましたら、大きなモニタでご覧になって頂けたらと思います。

LeJ の diary は、happinessの種でいたいと思っています。とても大きな指命ですから(笑)、私自身はよく眠って平和な気持ちでい続けよう、そんなことを大真面目に思っています。

あと一日で週末。5月もそろそろ終わります。元気にすごしましょう。

Colette 掲載しました

Colette_1

Colette(コレット)ネックレスのアクセサリーページを作って iichi にも掲載しました。

Colette(コレット)アクセサリーページ へ。(別ウインドウが開きます)

夏期休暇のお知らせ

渡仏のため、前後の 6月20日〜7月15日の期間、夏休みを頂戴致します。

今回、このようなお知らせの「メニュー」を、PC表示では この LeJ diary のタイトル文字の上に、モバイルでも同様の「メニュー」プルダウン表示からご覧頂けるようにしました。

なお、普段はお出掛け先からスマートフォンで diary をご覧下さっているかたがとても多いかと思いますが、この diary もスマートフォン表示に対応はしているものの、最低限の情報を伝えるのみのレイアウトに変換されており、PCやその他の大きなモニタでご覧頂けるとまったく違うレイアウトになります。

私は、本来の、このPC表示レイアウトでご覧頂けることを願って毎日 diary を書いています。ぜひ、お時間のおありの時にご覧になって下さい。 diary に限らず、POÈTIQUE LEJ など、特にページ表示の違いは大きなものです。(別ウインドウが開きます)

毎年月二回、夏の初めと2月頃に渡仏のため長期のお休みを頂戴しています。いつもフランスの友人のバカンスに便乗するかたちで行くため、その間のことはお任せの状態ですが、出来る限り、地方に行ってもインターネットアクセスを使えるよう配慮してくれています。実際には、「バカンス中は、まったく連絡が取れないようにする」フランス人がほとんどのようです(笑)

お客さまにはご不便をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

パールは、まるで花束

Colette_1

Colette_2

Colette_4

私が作るアクセサリーは、ある時はとても繊細で、ある時はとてもダイナミックです。それは、アクセサリーの大きさとかではなくて、存在感のようなもの。出来れば、ある程度の存在感があって、持っているだけでも心が華やぐようなものだったらと思います。

2点目に作った、15mmもの大きなバロックパールをシルバー925のチェーンに通した、82cmのロングネックレスも、もうすぐアクセサリーページを作ります。金属パーツの高騰が著しいこの時期に、無垢のシルバー925素材はとても贅沢なもの。でも、それが必要だと思う時には使いたいと思います。フェミニンなコーディネートにも素敵だけれど、着慣れたTシャツとかチュニックとか、ダメージ加工のデニムやパンツに合わせると、意外性があってどきっとさせそうです。例えば、インディゴブルーのダメージにコサージュみたいなブローチが、ボヘミアンのようで素敵なように。

今日は雨が上がって、午後からは気持ちの良い日になりました。朝は、昨日書いた記事に上書きをして、たくさん作ったアクセサリーページのスクリプト書きにパワーを全開。思うように、したかったことを LeJ で出来るようになって来て、嬉しいかぎりです。なんとかメーラーが立ち上がるように設定出来た時には、嬉しくて思わず「わっ」と声を出してしまいました(笑)もちろん、iPhoneでも動作確認済みです。

お昼からは外に出て、飲み放題のランチに二人で祝杯。えっと、確かビールと梅酒ソーダ割りと日本酒とを何度もおかわりして、美味しいお肉とお魚もたくさん頂きました。頭を使うとおなかが空く。元気な証拠です。明日からも、またがんばります(!)

Renèe(ルネ)掲載しました

Renée_4

Renèe(ルネ)ブレスレットのアクセサリーページを作って iichi にも掲載しました。

Renèe(ルネ)アクセサリーページ へ。(別ウインドウが開きます)

iichi への画像掲載は5枚までなのですが、アクセサリーページには、無制限に画像を掲載することが出来ます。とくに、素材に個性がある場合など、セカンドラインであっても、たくさんのクリアな画像をご覧頂けるようにアクセサリーページを作ろうと思います。今日は試験的に Alex のアクセサリーページ Lilacのアクセサリーページ violetteのアクセサリーページ Ninonのアクセサリーページ Anaのアクセサリーページ も作ってみました。今後の作業の状態によって、あらためて考えてみたいと思います。

また、 iichi の決済方法は多岐に渡るのですが、銀行振込でのお支払いには、もしよろしければ直接メールでご注文頂けると、事務手続き上たいへん助かります。メーラーが立ち上がるように致しましたので、とても便利になりました。どうぞご利用下さい。

Renèe(ルネ)

Renée_2

Exif_JPEG_PICTURE

Renée_7

Applejamでよく作って来た、一粒ずつの天然石ブレスレットのシリーズのようなものです。名前は、Renèe(ルネ)。今回は、ルージュのような、レッド系の天然石を集めました。ワイヤーは、ゴールドのトーンを抑えたアーティスティックワイヤー。マンテルは、いつものヴェルメイユです。

二枚目の画像の右側から、ロードクロサイトラウンド・ファセッテドホワイトムーンストーンラウンド・けしパール・ファセッテドルビー・ワイヤーフレーミングをしたルチルクオーツ・ピンクムーンストーンラウンド・ファセッテドレッドルチルクオーツブリオレットカット・ファセッテドラウンデルガーネット・スピネル・ファセッテドラウンデルアンダリュサイト、最後にグレイッシュブラウンのけしパールを使いました。こんなアクセサリーには、コーディネートのお話は要らないでしょう。天然石が大好きなかたにお届け出来れば、嬉しく思います。

ちょっとクラシカルな、パリのアパルトマンのクローゼットに眠っていたアクセサリーのような色調です。全長18cm。リスト周り16cmの私が着けるとほどよい感じです。長さの調整は、お気軽にご相談下さい。

近日中にアクセサリーページを作り、 iichi でも公開します。

オリジナルというもの

20140524-3117

今日の関東は初夏の陽気でした。窓を思いきり開けたいのですけれど、毎朝Facebookで見る天気予報では、PM2,5がここ数日関東から北を覆っていて、気になっています。私は気管があまり強くないので、トラブルの元になるものは避けたいと思って空気清浄機を去年から使い始めたところ、気管支炎のない冬を過ごしました。これが本当の原因だったのだとしたら、凄いことだと思います。

部屋では、昨日のお花がのびのびと開き始めました。買っているお水をグラスに入れて生けていると、母の日のカーネーションまでが、二週間経った今もまだ咲いています。さすがに、満開の時を過ぎようとはしているものの、凄い生命力です。もしかしたら、水が良いのでしょうか。うーん。

今日は、急にお届けすることになったClémence(クレマンス)ネックレスの梱包をして、明日の発送の準備をしていました。その前に、実は同じデザインのものを保管用に作りました。なぜかと言うと、「これは」と思ったものは、あらためて同じものを作るのが、とても難しいからです。難しいというよりも、私の場合は出来ません。今回も、同じ素材は集められないので代用した天然石で作りましたが、「まったく違うもの」。

でも、各パーツ部分の長さやボリュームを残しておくことで、いつか何かの役に立ちます。そのくらいに、自然に作って良いなと思えたものは、オリジナルとして貴重です。たまたま同じものが揃って自分用に作って残したとしても、どこかやっぱり違う。つまり、オリジナルに勝るものは存在しないのです。これは、多くの作り手が同じことを思っているのではないかと思います。よく、レッスンでも生徒さんに同じ事をお話して来ました。

LeJ のサイトの構成が落ち着いて来て、心からほっとしました。振り返れば、準備を始めてから半年間、どれほどのプレッシャーがあったことでしょうか。自分でブランド名を変えるのですから、その影響は当然のことと分かっていても、周囲にいろいろな意見を聞かせてもらえば、皆違います(笑)でも、私が信頼する人たちが言ってくれたのは、「ブランド名が変わっても、あなたが作ることは同じなんだから、よいものを作り続けていればいい」と言うことでした。あぁ、ありがとうと心から言いました。

黙って待って下さっていたお客さまからの声も、聞こえて来ました。数日前に、ごく数名のお客さまで、いつもメールで注文して下さる方にアドレス変更のご連絡をしたところ、お返事を下さったお客さまがいらっしゃいました。その数通だけで、これからも頑張れると、あらためて思いました。

今日はなんだかほっとして、また脈絡なく綴ってしまいました。みなさまどうぞよい週明けを。

二度目の diary で、左サイドバーにある、スイートなレッド系の Renèe(ルネ)ブレスレットの事を書こうと思います。このアイコンは、ホームページのHOMEにも、COMING SOON として置いています。