saintlaurant

小さな用事が溜まり始めたこともあって、今日は映画『イヴ・サンローラン』をもう一度観て来ました。

すべてが大手の映画館での上映ではなく、チケットをオンライン決済出来ないところもあり、サービスデーでもあったので、昨夜のうちに急いでチケットを買っておきました。予想した通りに午後からの上映には長蛇の列、映画を見終わってロビーに出ると人が溢れているのでした。

サンローランの服に愛情を持つ世代は、丁度私くらい。と言うことは、オンラインで決済という方法でチケットを買うひとと直接劇場に出掛ける人とが分かれる世代です。実際に学校を卒業した時期に、OA導入化と呼ばれたように、PCを職場で使っていたかどうかが今もITに着いて行けるかのひとつの基準になっています。50才代以降の方で私の diary をご覧下さっている方のなかには、そのような方が多いのではないでしょうか。

この作品は、サンローランのことを描いた内容以上に、私にとっては「もう一度劇場で観ておかなければ」と思うものでした。なにごとも、そのうちにと思っていると、忙しい幸運の神さまはいつまでも待っていて下さらないのです。

写真は、ロビーに貼ってあったものを、iPhoneで撮りました。こんなさりげない一枚も、残しておくとなんだか素敵だと思います。