イタリアはとても好きな国。

フランスも好きですけれど、ここ10年くらいで莫大な外資が入って雰囲気が変わったり事件があまりに多くてパリではリラックスしづらくなってしまい足が遠のいています。

イタリアも決して安全とは言えないけれど、どうしてこんなに好きなのかと思うほどに好きで堪りません。初めて行ったのは10才代のときで、当時フィレンツェのウフィッツィ美術館から出て来たときの強い陽射しやアルノ川の畔を歩いたときの乾いた風の気持ち良さが記憶のなかにずっと残っています。それぞれのコミューンに個性があって飽きることなく文化やアートはもちろんのこと明るく親しみやすいイタリア人の国民性は母国日本をのぞいて一番と言えるほどに好みです。

さて、通勤のかたにはしっかりこの連休でリラックスして体力をチャージしていただけますように。

ONLINE STORE
LeJ Homepage