ルビーにピッグスキンのレザーを合わせたネックレス Rosaire(ロゼール) の写真を撮り直しました。

LeJでは大粒のラフカット・ラフタンブルの貴石をよく使うのですが、そのほどよいカジュアルさとかラフさが大人の女性の肌に乗せたときにとてもエレガント。大粒のパールも同じで、多少のくぼみや縞も私は気になりません。硬質的な照りのアコヤパールよりも、ふわっと滑らかな光を抱いたような有核バロックパールのほうに惹かれます。

このルビーは大切にストックして来たのですけれど、画像でようやく思ったような表現が出来始めました。スマートフォンで、ぜひ大きくしてその美しい質感をご覧ください。

このネックレスもsaleにしています。残暑のあとには秋がやって来て、その頃にはきっと出番が多くなるジュエリーです。saleの時には少し先の季節のものを買っておく、私はよくそうしています。

ONLINE STORE
LeJ Homepage