なにげなく始めたInstagramが思った以上に楽しみになっています。

今のようにジュエリーの製作と撮影に没頭している間はまったく日常の写真や以前の旅先でのものを載せたりしています。たとえば余宮さんの器や、そのずっと以前のアスティエの画像などを載せると必ずと言ってもよいくらいに作り手のご本人が見つけて「いいね!」をしてくださいます。

ものを作っている人であれば、制作物のその後はとても気になるもの。そして渡った先で大切にしている人と作った人とが無言でのコミュニケーションを出来るのはInstagramならでは。

私はかちっとしたスタイリングよりも自然なありのままを撮ったものが好きで、うつわを見ているとおもてなし料理ではなく普段のごはんの写真も一緒に見られるので、それが楽しくて気がつくとあっという間に数時間が経っています。

以前はマクロレンズで寄った画像にしたり被写界深度を浅くして背景が極端にぼけたものにしたり必要以上にダークにしてアンダーで撮ったりしていましたけれど、Instagramを見ていると写真の原点に戻るような気もします。

明後日以降からはお天気が崩れるとのこと、明日はもう少し撮影をする日です。

ONLINE STORE
LeJ Homepage