東京地方は24℃の快晴でした。

連休明けは混みそうな用事を片付けて帰り、帰ると汗をかいていました。今日は本当は別の予定で朝からずっと出掛けているはずだったのがキャンセルになり、この際なので連休と相まっての時差ぼけ状態を完全に元に戻す日にしました。

年齢とともに、確実に調整が難しくなるジェットラグ。旅に出ると旅先での集中力や体力や語学力などがバロメーターになって自分の変化がよく分かります。それが一人旅の醍醐味であり魅力なのですけれど、振り返ってみれば一日の体力が細切れで枯渇してくるので3時間刻みの睡眠が定着して来ています。それにしても眩しかった、南仏の光。

リル・シュル・ラ・ソルグではバッグに入れて簡単に持ち帰られそうなシャンデリアがたくさんありました。メンテナンスと修理をする時間と技術があれば素晴らしいお買い物。それをフランス人は嬉々として何年もかけて家造りをします。

ONLINE STORE
LeJ Homepage