からからに乾いていた東京地方に久しぶりのお湿り。雨と雪の月末になりました。

明日にはお天気が回復するものの、朝の通勤のお足元にお気をつけください。

写真は25日のdiaryに書いた、フィレンツェで見掛けた結婚式に参列したマダム。目を奪われる素敵さですけれど一般の女性です。ラインに沿うドレスとファーのジャケットそしてブロンドのまとめ髪。この髪も「いまサロンで仕上げて来ました」という感じではなくてドレスもきらきらではなく長く大切に着ているようなもの。アンティークかもしれません。彼女の振り返った写真もあるのですけれど、私と同じくらいかもっと上の年齢に見えました。そのすべての感じがあまりに、あまりにも素敵で。

旅先ではもちろん「お買い物したい、持ち帰りたい、自分のものにしたい」というものとの出会いは果てしなくあるのですけれど、こんな結婚式や女性を目にした一瞬も、ものと同じくらいの宝ものになります。

今日は美容室に行って来ました。私のバイオリズムと髪の調子とはリンクしているので、仕上げていただいた頃には俄然元気になっています。担当者と春の髪をどうしようかとここ数回お話していて、この写真も見せたのでした。

素敵なものを見ること、夢を見ることって大切だと思います。

ONLINE STORE
LeJ Homepage