私にとって今日はひとつの区切りの日になります。

プライベートのささいなことだけれど、大切な日。

昨年は忙しくすごしすぎました。今年はこれをあらためようと心に決めました。出来れば、自分らしくありたいもの。

モノクロームの画像を載せるのは初めてかもしれません。こうするとぐっと雰囲気が出るのは分かっているけれど、実はあまり好きではありません。なぜかって、この世には美しい色が溢れているからです。

このバラはどこまでも白いゴージャスさで、クリスマスの日にいつもの花屋さんではないところで売られていました。ガラスのケースに入れられてしっかり管理された、完璧な美しさ。でも、そこから放たれてくるエネルギーにはちょっと押されてしまったので買いませんでした。

こうして加工してみると、花がうごめくような妖しげなものを持っているのを感じます。

ONLINE STORE
LeJ Homepage