春の陽射しがかがやく午後、ワークショップに参加して来ました。

今日はシルク糸を使った制作。素材の配置のバランスや色のことを学びました。学ぶことはなんて楽しいことでしょう。

ワイヤーの制作では、途中で失敗してもやり直しが利きます。糸の制作ではそれが出来ない分、緊張もするのですが、柔らかなラインを描く手の感触はいつも変わらず心を温かくします。写真は制作途中のものを撮った一枚で、3mmほどの素材を100cmを超える長さまで紡いでいきます。

素材選びをしながら、写真のようなレッドから生成り色の一点と、ブルーからグリーンの一点、合計二点のデザインを考えました。夏のさらさらした麻に合わせたいと思います。レッドコーラルやホワイトコーラル、レモンクリソプレーズ、クリアクオーツ、ガーネット、パイライト、ウッドやけしパールなどたくさんの種類の天然石を紡ぎます。カット面はどの素材も丁寧で、透明感の高いものやマットなものを織り交ぜてリズムを作ります。

制作は、からだが健康であればずっと続けたいと思っています。70才代になっても80才代になっても出来そうな気がします。私の大好きだった祖母は80才まで針仕事をして、100才まで穏やかに生きました。今も思い出す、縁側に座ってお針箱を拡げていた祖母は、私にとっての先生でありミューズです。

明日から大型連休。公私ともに細かな用事をなんとか終えて、連休中はゆっくり机に向かったり本を読んだりしてすごそうと思います。

皆さまには、楽しいことがいっぱい詰まったお休みでありますように。

LeJ Homepage

translate.google.com