昨日は、Facebookのお友達の先生と、生徒さんによる絵画展にお邪魔したのでした。

私がなにかの展示会に伺うときには、その方との距離感のようなものを考えることが多くあります。近い方であれば初日、そうでなければ一番人が少なさそうな日に伺います。今回は連休を挟んだこともあって、昨日になったのでした。そして、今日が千秋楽。

いつも感じるのですが、この日のために、この展示のために、どれだけ頑張って来られたのだろうと思います。そんなエネルギーが会場内に充ち満ちています。思わず会場でエネルギーを充電されたり、同時に、対極的に泣きたくなるようなこちら側の抱えている事情を思うとさらに思い切り打ちのめされたりもして、可笑しくなってしまうのでした。

やっぱり、「がんばられましたね」という気持ちが大きくて、会場で撮らせていただいた写真を集めてFacebookアプリでスライドショーを作りました。それはシェアされてひと晩で550回以上も再生されていて、今頃みなさんは最終日を終えた充実感でいっぱいなのでしょうと思います。

ふと、そのコメントでメッセージを交換した、絵を描く女性の方と話したこと。お互いに、SNSではいまひとつノリが悪くて、というお話でした(笑)気の利いたコメントや駄洒落で盛り上がる様子は、見ていると芸術的でさえあります。そのなかに入っていけないことで「気取っている」と思われないかと心配してみたり、「お嬢さん」と言われただけでどきーっとしてみたり(笑)私たちにはそんなコメントスキルがないけれど、いつかお会いしたときに盛り上がれそうですねと話したのでした。SNS、悲喜こもごもです。

さて、明日はお食事に出掛けます。

写真は、ルールマランにて。

LeJ Homepage

translate.google.com