20151108italy-firenze_0190

この夏でいちばん暑い日。都内は33℃、大分県では38℃を上回ったそうです。

今日は素材を揃えるために、お昼過ぎに出掛けました。お昼過ぎになったのは、朝からリオ五輪の開会式を見ていたためです。業者さんも夏休みに入られるので、普段の制作用もレッスン用のものも、こまごまとしたパーツもまとめて買って来ました。

都内の移動にはバスを使うのですけれど、ずっとバスを乗り継いでいた道を、初めて歩いてみました。水もしっかり持って熱中症にならないよう、無理はしないけれどいつか歩いてみようと意気込んだ割には、実際には5分ほどなのでした。拍子抜けをして、帰りはそのままいつものように、デパートで美味しいものを買って帰って来ました。

午前は、リオ五輪の開会式。個人的に、コスチュームで最も素敵だったのは英国。ステラ・マッカートニーのデザインで、ネイビーのジャケットにブルーのシャツ、旗手はアンディ・マレーでした。あまりに見事で、しばらく無言で見とれていました。イタリアの選手はノリノリで、ほぼ全員がカメラに押し合いながら近づいて投げキッス、エンポリオ・アルマーニのデザインとのこと。モナコはネイビーのジャケットにチノパンで、とても伝統的でエレガント。モザンビークのイエロー系チェックも素敵でしたし、マルタのネイビージャケットも、それからポルトガルのダメージデニムも最高に個性が光っていました。

今日の開会式は、予想していたものとはまったく違うスケールで、私は感動してうるうるしながら見ていました。いろいろ問題もある国だけれど、シンプルに楽しくフレンドリーでメッセージ性に富んだ構成で、テレビの前から離れられませんでした。ただ、NHKにも事情があったのでしょうけれど、開会式フィナーレの花火のクライマックスの瞬間に、放送席へと画面が切り替わってしまったことは、とっても、とっても残念。

暑い日でしたけれど、結局ヘルスケアアプリによると5,000歩ほど歩いて帰って来ました。東京だけの肌寒かった梅雨寒が終わり、なんだか元気な夏なのは、やっぱりバランスよくしっかり食べているからだと思います。毎週月曜日だけの八百屋さんが楽しみでなりません。

LeJはとくに夏休みは頂戴しないので、なにか予定が入らないかぎり、通常と同じお盆休み期間です。

写真は、フィレンツェのボーボリ公園からの眺め。トスカーナの糸杉と傘松が印象的でした。

LeJ Homepage

LeJ Facebook page

translate.google.com