20151113italy-milano_0928

数日前のこと、お買い物に行きました。

ふだんから外に出掛ける仕事をしていないうえにトレンドにはあまり関心がないこともあり、買い物というと本当に切羽詰まって「買わなければ」ということになります。

その日に買ったのは、インナーとジャケットでした。ジャケットは黒の3シーズン着られるウールのテーラード。若干丈が長めなのがヨーロッパ仕様で気に入りました。35年くらい前の学生時代からトラッドが大好きで、ポール・スチュアートやナカガワという店でツイードのジャケットを買って学校に通っていて、そのままの流れで就職活動をしました。当時はいまとは違って就活と言うと明るいネイビーのスーツがお約束でしたけれど、私はひとりグレイを着たり厚手の黒を着たりしていました。当時から、ひとと同じがいやなあまのじゃくだったようです。

PTAの役員もなんとかこなし母親業も終えて、もう硬い服は着ないと思っていたのに、ヨーロッパに行くとジャケットが必要になりました。ノーカラーも好きですけれど、やっぱり黒のテーラードの迫力は独特です。日が落ちてからカットソーやシンプルなブラウスにパールと一緒に羽織るだけでワンランクアップするディナータイムの女性を何度目にしたことでしょう。

買ったジャケットはごく普通のセレクトショップのものでしたが、仕立ては丁寧でした。裏地の色がコバルトブルーで面白いと思って、帰って見たら、イタリア製の生地でした(笑)やはり敵いません、イタリアものには。

写真は、ミラノのガッレリアにて。

translate.google.com

LeJ Facebook page

LeJ Homepage