arno

昨日ときょう、フィギュアスケートのNHK杯を見ていました。

羽生結弦選手はショートプログラムもフリーも素晴らしい出来。昨日のショートプログラムのあとdiaryでそのことに触れなかったのは、実は私自身が極度に緊張していたから。

総合得点322.40点。その演技をテレビのライヴで見られたことは幸せです。舞うようなジャンプも美しいけれど、スピンに入る前の、エッジで氷を蹴る瞬間がとても好きです。

1位には、それなりのわけがある。不屈の、鋼のような精神力に拍手。

写真は、フィレンツェのアルノ川。

translate.google.com

LeJ Facebook page

LeJ Homepage