30-1329d

昨日に比べて気温が下がりました。

まだ事務作業が残っていますけれど、お休みに入りました。

あと数日したらイタリアに発つのですが、まだパッキングを始めるには気持ちが落ち着いていません。おそらくは、パリに一人で行き始めた頃も同じような感覚だったのだと思います。もう忘れてしまいましたけれど、感覚だけは覚えています。

イタリアで長く滞在するホテルはとても小さなところで、古い建物です。私は小さなホテルでくつろぐのが好きで、猫のようにそっと静かにすごしていたいなと、いつも思っています。

そのホテルには数人のスタッフがいるようで、用事があってメールを送るといつも返信をくれる人はばらばらです。数日前にバスタブの確認のメールを送ったところ、初めて女性のスタッフから返信がありました。なんとなく彼女とはよい雰囲気で、会ったらいろいろ話が出来そうな気がします。いくつくらいの女性かなとか、メールの文面から想像します。コンサートはなにかあるだろうかと聞いたあと、近辺の町に行くので体調次第でもあると言うと、「あちこちに行くのならお手伝いしますからね」と書いてくれました。

ともかくは、少しずつでもスーツケースの中身を詰め始めます。

写真は、ルーヴル美術館にある『サモトラケのニケ』。その、下の写真の修復前と上の修復が終わったこの春のときのもの。一眼レフとコンパクトカメラとの違いはあっても、アングルはそっくりでした。この天窓からの光があって、つばさや衣の彫りが美しく浮き上がります。

translate.google.com

LeJ Facebook page

LeJ Homepage