France2014July_4304

最高気温27℃で湿度60%。乾いた北風が8mの気持ちの良い日でした。

片付けが終わったと思ってバルコニーをふと見ると、いろいろこちらにも片付けたいものが目に入り、手袋をして本腰を入れて取り掛かりました。我が家は「ガーデニングブーム」の頃に建ったマンション、家は普通でもバルコニーはとても広い。住み始めた頃にはかなりの植物を植えていましたが、長くフランスに出掛けたりするうちに、手入れが出来ない家族に水やりを頼めなくなってしまいました。

その後マンションの大規模補修工事があったりで、鉢植えそのものも処分。今では定期的にワックス掛けまでしているウッドデッキと砂利を敷きながら、当時大好きだったガーデナーのとよだみきさんの本を読み凝ってデザインしていました。使わなくなった煉瓦をどうしようかなと思いましたが、これを機会に処分することにしました。というわけで、久しぶりの力仕事です。

今の好みは、フランス的な白や生成り色の砂利にモダンなデッキのブラウン、出来れば、バルコニーに木製の椅子と小さなテーブルを置けたらと思っています。フランスに出掛ける間に枯らせてしまった植物が愛おしく、そのせいかフランスに出掛けた時には植物や森や庭に惹かれます。今日の一枚も、ロワールの森を歩いている時に撮った野花です。

考えてみると、私はいつも、”ささやかだけれど楽しいことや楽しめそうなこと”を見ています。それは、探し回らなくてもすぐそばにあるのだと、いつも思っています。

さて、9月の最終週。