シニョンに憧れて、髪を伸ばして来ました。

パリで女性を観て、フランス女性の顔の小さいことや、扱い易そうな髪質や軽さを感じさせる髪の色には本当に憧れて、目が釘付けになることはしょっちゅう。

デコルテをどれだけ開けようと、革ジャンを着ようとキャミソールドレスで歩こうとも誰も気にしない自由な国民性も羨ましくて、一方で、きちんとジャケットやドレスを着てアクセサリーを着けた時の自分への扱いががらっと変わる保守的な面も大好き。だから、どんな場面にも対応出来るほうが良いなと気づきました。

ほんの10年くらい前まで耳のすぐ下までのショートカットだったのを大切に伸ばして、ようやくシニョンが出来る長さに。YouTubeを見て練習して、ここ数日で、鏡なしでも結えるようになりました。

きょうは、ちょっと嬉しい、その記念日です。